親の説得

親の説得

未成年が株を始める時の、一番の関門が親の説得だと思います。
世の中には、色々な親がいます。

 

株をやらせてと言ったら

 

「やりたいならどうぞご勝手に」
という親もいれば

 

 

「株なんぞ金持ちのギャンブルだ!そんなものは許さん」
という親もいるでしょう。

 

 

「そんなもんやる暇があったら勉強でもしろ!」
なんて言う親は多そうな気がします。

 

そこで親を説得する方法を考えてみました。

 

方法1

「お金持ちになりたいから!」と言ってみる

 

この方法ではたして説得できるのか・・・

 

お金の話が嫌いな人は多いので、
「そんなに世の中甘くないわ!!」と怒られてしまうかも。

 

資産運用に興味のある親なら説得できるかも?

 

 

方法2

「経済の勉強になるから!」

 

なんかウソっぽいですね~

 

教育熱心な親なら説得できるかな?

 

方法3

情報提供者 のぶさん

 

「あんたらの稼ぎが悪いからじゃ~!!と逆切れ」

 

かなり過激な方法ですが、言われたほうからすると反論できません。

 

そもそも株に反対する親は大して稼いでいないでしょう。
バンバン稼いで余っているなら親自身が運用を考えるはず。

 

大ゲンカになるか、納得してくれるかの両極端になるのかな?

 

方法4

情報提供者 tama^-^さん

 

第一段階
経済に興味があることを親に気付かせる。

 

例:新聞の経済欄を見る。
すると親は、「この子は経済に興味があるのかな?」
と思う。

 

その後、徐々に親に株式のことを聞いたりする。
例:株式会社と有限会社の違いなど。

 

そのうち、親は自分の子供が経済に興味をもっていることに気付くはずです。

 

そして、株についての知識を親に話したり、
村上ファンド・楽天・ライブドアが有名なのでそのことについて話をして、
株の話をすることを習慣的にする。

 

 

第二段階
バーチャル投資を始める。

 

そして、朝、新聞を見て「やったー」などと騒ぐ。
親がどうしたのか聞いてきてもこなくても、
バーチャル投資を始めて100万円から200万になったー
などと自分をほめたたえる。
それを何回か繰り返す。

 

 

第三段階
ここまでの段階で、親に株に対する自分の気持ちを
ほぼ伝えられたはずなので、いよいよメインに入る。

 

ここで最低限投資するお金は自分で用意する。
その前から、親に将来自分は投資をするから
お金を貯めてるんだと言っておく。

 

親に口座開設を必死にお願いする。

 

「駄目!」といわれても全部自分の責任で行うことを訴える。
なにがなんでもあきらめない心で説得する。
口座キットをあらかじめ用意してもかまわない。と思う。

 

もし、親の性格上、実際投資するのは許してくれないなぁ~
とおもうなら、せめて口座開設だけしてリアル株価を見たいなどと
いってお願いする。

 

かなり手の込んだ方法です。 ここまでやったら厳しい親も認めてくれるかも?