株って何?

株って何?

ここでは「株」というものを物語で説明します。

 

カブオ会社設立を決心

カブオ君という人がいました。
ある日、カブオ君は会社設立を決心しました。
ここから物語はスタートします。

 

カブオ銀行に行く

カブオが計算したところ、
会社を作るのには1000万円必要だということがわかりました。

 

しかし、カブオの貯金100万円しかありません。
カブオ君はゼニカネ銀行に行くことにしました。

 

カブオ君:「あの~お金を貸していただきたいのですが?」
ゼニカネ銀行:「なら担保を出してください」
カブオ君:「担保になるようなものは持ってないです」
ゼニカネ銀行:「なら融資はできませんね~」

 

というわけで、結局カブオ君はお金を借りることができませんでした。

 

カブオみんなにお金を借りる

銀行にお金を借りられなかったカブオ君は、
友人のカブ子やカブロー、その他多数の人にお金を借りることにします。

 

カブオ君は自分の会社がたくさんのお金を稼げることを説明して、
お金を出してもらうことをみんなにお願いしました。

 

そのかわり利益がでたら、それを出してくれた金額に応じてお返しします、
という約束もしたのです。(配当金、株主優待など)

 

そして、約束のしるしとして、Aさんは、お金を出してくれた人に証書を渡します。
この証書が「株券」です。
この「株券」が一般に「株」と呼ばれているものなのです。

 

お金が集まったのでカブオは「カブオ株式会社」を設立できました。

 

カブオ株式会社大成功

カブオ株式会社は大成功したので黒字でした。
株券を持っているカブ子やカブローは配当をもらって大喜び。

 

その噂を聞きつけたカブ太郎はカブローに
「いいな~その株券10万円で売ってくれよ」といいました。

 

カブローは少し考えて、
「それなら11万円でどうだ?」と答えました。

 

カブ太郎は
「分かった11万円だそう。」といい交渉が成立しました。

 

現在は「株式市場」と呼ばれるところでこのような売買が行われています。